2013年09月22日

<岩手・宮城>浸水地域、住宅再建44% 本紙調査


東日本大震災の津波で住宅が被災した時計宮城・岩手両県26腕時計 メンズ市町村の住宅再建計画で、腕時計 浸水区域内で再カシオ建する住宅が約1万6500戸と44.3%を占め、半数に 迫ることが毎日新聞の調査で分かった。国土交通省の地区単位調査では29.8%(昨年4月、178地区中53地区)で、より実態に近い戸数ベースでは移転 より現地再建の動きの広がりがうかがえる。浸水区域外への移転は約2万800戸で55.7%。浸水区域の内外別で住宅再建戸数が明らかになるのは初めて。



 
調査は9月、住宅再建(災害公営住宅を含む)のため宅地造成などを予定する自治体に実施。予定地が、浸水区域内(現地再建など)か区域外(高台移転など)かが分かった約3万7300戸を集計した。



 宮城県気仙沼市や岩手県釜石市など11市町村では区域内が区域外を上回った。両市は「高台移転の土地確保が困難」などと説明。一方、市町村別で最大の死 者・行方不明者が出た宮城県石巻市は、住民の意向などから4331戸を区域外に移転させ、区域内は1587戸にとどめた。



 浸水区域に再び住むか否かは、防災との兼ね合いで厳しい判断を住民にも迫るだけに、住宅や街の再建を巡る住民の合意形成が一層重要だ。同県名取市の閖上 地区は、浸水区域内の全戸現地再建を掲げた市と内陸移転を求める住民が対立。区域外への防災集団移転も一部併用する再建計画が8月にようやく固まった。 【金森崇之、宮城裕也】



 【ことば】被災地の住宅再建



 主に防災集団移転促進事業(防集)と土地区画整理事業がある。防集は、高台などへの集団移転(5戸以上)を進める国土交通省の補助事業。自治体は土地を 住民から買い上げ、住民は移転先で住宅を自費で建てるか復興住宅に入居する。区画整理は一定区域に道路や公園などの公共施設を整備し、安全で良好な住環境 をつくる事業で、知事の認可が必要。土地は原則、区域内で交換してもらう。復興庁によると、今年6月末現在で岩手・宮城・福島の被災3県で、防集334地 区すべてと区画整理51地区中32地区で宅地の整備時期が確定した。
posted by casio at 10:27| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

うるま市宮城島に不発弾8発投棄か 発見相次ぐ

【宮城島=うるま】うるま市与那城時計の宮城島で7月以降、海岸の腕時計草やぶの中に放置された状腕時計 メンズ態の不発弾計8発が見つかっていたことが、宮城自治会や県防災危機管理課などへの取材で21日までに分かった。宮城自治会によると、発カシオ見場所は以前から不法投棄が絶えない区域。8発とも火薬はなく、爆発の危険はなかったという。
 宮城自治会の名護徹会長は「この場所は投棄が多く、危険物もあるとは予想はしていたが、(不発弾に)びっくりしている」と困惑した様子を見せた。島の4自治会は防犯カメラを設置するなど、不法投棄の防止策を市に要請している。見つかった不発弾はいずれも直径15センチ、長さ40センチ。米軍が沖縄戦で使用した砲弾とみられる。発見後、自衛隊が回収し、処理した。
 不発弾は7月20日、住民が草刈りをしていた際、2発を発見した。同22日、自衛隊が回収した時、発見場所の周囲を探査するとさらに1発が見つかった。その後、自治会は市を通して県に磁気探査を要請した。今月9日と11日に行った磁気探査で、新たに5発見つかった。
 名護会長によると、発見された8発のうち、7発は信管がなかった。残り1発は信管があったが、破損していた。
 発見場所やその周辺は住民が2年前に草刈りをした区域で、当時、不発弾はなかったという。名護会長は「投棄が多い他の区域も探査する必要があるのではないか」とし、市や県に対策を求めている。(東江亜季子)
posted by casio at 10:23| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

台風18号禍 丹波地域 300人ボランティア 生徒や学生泥出し協力

台風18時計号の豪雨から腕時計初の週末となった21日、丹波地域で腕時計 メンズは大勢の中高生や大学生、社会人らが災害ボランティアとして活動した。特に被害の大きかった京都 府南丹市では園部、日吉両町カシオ7カ所で計264人にのぼり、30度を超える炎天下、被災住民の要請に応じて泥の運び出しやごみの収集などに汗を流した。

 南丹市内では園部町横田区で最も被害が大きく、市災害ボランティアセンターは現地事務所を設置し、ボランティアと被災住民との調整を行っている。21日だけでも、中高生や大学生を中心に約150人が活動した。

 八木中(八木町)のサッカー部は急きょボランティア活動への参加を決め、1~3年の部員23人が被災した家屋を訪れ、泥の運び出しを行った。2年の廣瀬哲也部長(14)=八木町北広瀬=は「想像以上にひどかった」と驚いていた。

 園部高(園部町)からは希望した生徒70人が床上げや畳上げ、ごみ整理などを担った。バスケット部で2年の塩内翔太副部長(16)=日吉町胡麻=は「人のために活動できて、良かった」と語った。

 この日、佛教大の学生も活動したほか、これまでに地元の京都美術工芸大(園部町)や明治国際医療大(日吉町)の学生も自主参加している。

 横田区によると、床下浸水は50戸、床上浸水は60戸で、泥や浸水した家財道具などの運び出しは一定の見通しがついたという。石川善博区長(63)は「住民の疲労が蓄積している。衛生面の課題が残っており、本当の生活再建まで、まだ時間がかかる」と訴えた。

 この日、亀岡市でも約40人の災害ボランティアが活動した。
posted by casio at 10:20| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。